賃貸物件の壁は薄いから

賃貸部屋の壁の事

可能

賃貸住宅の壁について

賃貸住宅の壁は借主にとってどのような扱いをすれば良いのでしょうか。基本的にマンションのアパートでも借りたものですので、傷を付けないようにしなければなりません。もし、傷をつけてしまった場合には、自分で修理しても良いですが、修理せずそのまま契約を終了して退去すると、入居時にオーナーに預けた敷金が減って戻ってきます。これは、契約時に渡される重要事項説明書に書かれている原状復帰義務によるものです。借主は原状復帰義務に基づき借りた時の状態に戻さなければならないのです。では、リフォームする場合はどうでしょうか。リフォームするといっても賃貸住宅ですので好きにできると言うわけにはいきません。やはり原状復帰義務があるからです。

安い賃しアパートの壁は薄い

賃貸のアパートやマンションで安くても少々古くても家賃が安いからいいと思って借りると、壁が薄くて生活の物音がすべて聞こえたりします。安くて古いアパートはそれだけ造り方も簡素なのです。まるで家の隣の部屋にいるように、会話から、コップの置く音などが毎日聞こえると苦痛です。隣の音が聞こえるということは自分の音も聞かれているということで、気が休まることがないです。賃貸は安ければいいというものではありません。特に女の子の一人暮らしなどは、少々家賃が高くても、セキュリティのあるしっかりした造りマンションの方が安心です。

↑PAGE TOP